WHOIS情報の変更方法(WHOIS代理公開解除)

WHOIS情報は、ドメイン名やIPアドレスの登録者情報(住所、氏名、連絡先など)などを参照できるサービスです。この記事では、WHOIS情報の変更(WHOIS代理公開の解除)手順を説明します。

MEMO
ドメインを匿名でご利用されたい場合は、デフォルトでWHOIS代理公開が設定されておりますので、特にご設定・変更を行っていただく必要はございません。
注意
登録者名義(氏名・メールアドレス・組織名)に変更が発生する場合、メールによる承認作業(2通)が必要となります。(gmailの場合は受信トレイで省略され、1通に見える場合あり)
変更処理中(数十分~数時間)はドメインの操作を行うことができません。(WHOIS代理公開設定も含む)
他の操作も行われる場合は、WHOIS変更は最後に行ってください。
STEP.1
管理ドメイン一覧画面からWHOIS代理公開をクリック

 

管理ドメイン一覧から、変更したいドメインのWHOIS代理公開欄をクリックします。

(「操作」欄の歯車マークをクリック>「WHOIS変更」からでも設定可能です。)

※〇はWHOIS代理公開設定中、×は解除中の状態です。

複数のドメインを一括で変更したい場合は、対象ドメインのチェックボックスにチェックを入れ、「一括操作」メニューをクリック>「WHOIS変更」をお選びください。変更方法はSTEP.2以降と同じです。

STEP.2
WHOIS変更画面

設定するWHOIS情報の右側「追加」をクリックします。

(WHOIS情報の追加は、管理ドメイン一覧画面メニュー左下の歯車マークをクリック>メニュー内「WHOIS情報管理」からも行えます。)

STEP.3
WHOIS情報を追加

WHOIS情報に使いたい情報を入力し、「追加」をクリックします。

※登録情報に不備がある(住所や電話番号が不正確など)と、他社へのドメイン移管申請に失敗する可能性があります。

STEP.4
追加したWHOIS情報を選択

WHOIS変更画面に戻るので、設定するWHOIS情報のプルダウンから先ほど追加したWHOIS情報を選択し、「WHOIS変更」をクリックします。

STEP.5
変更完了

結果:成功と表示されたら完了です。反映の確認は、下記から行うことができます。

WHOIS情報の検索・確認

変更の反映について
.com.netなどのメジャーなドメイン名は変更が即時反映されますが、.jpドメインは10分周期での反映となります。マイナードメインでは独自の仕様がある場合がございますので、時間をおいてご確認ください。

参考:WHOIS情報が反映されません

結果が「受付完了」と表示された場合

登録者名義(氏名・メールアドレス・組織名)に変更が発生する場合、メールによる承認作業(2通)が必要となります。
※上位組織がメンテナンス中であり、受付となる場合もございます。

件名: [ラッコドメイン]登録者名義変更 承認依頼 〇〇.com

上記件名のメールが、変更後のWHOIS情報(登録者情報)に使用したメールアドレス宛に届きますので、メール内の承認URLから承認手続きを行ってください。
なお、メールはほぼ同じ文面のものが2通届きますが、2通とも承認する必要がありますので、お忘れないようご対応ください。

MEMO
変更するWHOIS情報を間違われた場合は、対象ドメインのWHOIS変更画面からキャンセルを行うことができます。
「ドメイン 情報認証のお願い」と言うメールが届いた場合
WHOISに開示するメールアドレスは、その正確性を検証されます。
メールによる認証を行う必要がございますので、メール内の案内に従い手続きを行ってください。

参考:「ドメイン 情報認証のお願い」と言うメールが届きました、これは何ですか?